カテゴリー「Motorcycle (Ninja ZX-9R E1)」の50件の記事

2009年1月11日 (日曜日)

Ninja ZX-9R アゲイン_2

今年に入って直ぐに、何時もの行きつけのショップでかつての愛機だったNinja ZX-9Rと再会。

実は諸事情により次のオーナーからさらに次のオーナーへと変わっていました。

さらにステッカーが剥がされかなり印象が変わっていましたが、その日はフロントタイヤの注文に来ているとの事。

とりあえず可愛がってもらっているなら良いなと思っていました。


それから一週間後。

今日ショップに寄ってみると、軽トラックに乗せられているNinja ZX-9Rが有り、それを見て何となく嫌な予感が…。

軽トラックに載せられると言えば、私の様にドナドナする時や、パンク等の何かしらのトラブルで動けない場合。

気になって急いで駆け寄ってみると、左側に転倒した様な跡が…。
=( ̄□ ̄;)⇒

サイドカウルも割れ、リヤウインカー、タンデムバー等も損傷。

深刻そうなのはマグネシウムのジェネレーターカバーの下側が削れてオイルが漏れています。


ショップの方に聞いてみようと思ったら、丁度本人さんがお見えになりました。

とりあえず大きな怪我は無さそうなので一安心。

修理の件でショップの方とお話をされて本人さんが帰った後、事のあらましをそれとなく聞いてみると、昨日フロントタイヤを交換した後に、少し走って左に曲がろうとしたらスリップして転倒されたとか。


( ̄ヘ ̄;)ウーン

やはり新品のタイヤは滑りやすいので気をつけないといけないですね。

特にフロントはリヤと違って立て直しが出来ませんし、さらに寒い時期は路面もタイヤも温度が低くて滑りやすいので要注意です。

明日は我が身。

点検と運転操作を見直したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木曜日)

Ninja ZX-9R アゲイン

本日ついに前愛機だったNinja ZX-9Rと再び会う事が出来ました。
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

何やら諸事情が有り預けられているとの事。

私のGSX-R1000と現オーナーのNinja ZX-9Rの納車日が偶然同じで、ちょっと保険関係の事で私がどたばたとしていたら、新旧そろっての愛機を記念撮影するという野望が達成できませんでした。

なので何時か再び出会う事が有ったら、その時は新旧そろっての愛機を記念撮影するぞと決めていました。


ちょっと遅くなってしまったけど、改めて新旧そろっての愛機記念撮影です。

2台とも納車時から姿が多少変わってしまいましたが無事野望達成。
v(・_・) ブイッ


記念撮影を取った後、かつての愛機だったNinja ZX-9Rのその後の姿をじっくりと観察します。
( -∇-) ジトーッ!

まずサイドカウルの純正ステッカーが剥がされていました。

個人的には気に入っていたグラフィックパターンだったけど、やはり人それぞれ好みがあるんですね。

その他ステッカーも一部剥がされ新たに追加されている物もちらほらと。

バーエンドはゴールドからレッドに変更。

フロントウインカーは私が注文しておきながら付けなかった埋め込みタイプに変更されていました。

やはり見た目もスリムになり格好良くなっていますなぁ。


話によると転倒してウインカーが破損したので、たまたまお店に売れ残っていたこのウインカーに交換したそうです。

売れ残りにちょっぴり後ろめたさが有りましたが、思わぬ事で売れてちょっと一安心。
(^^;


そして一番の変更点はフェンダーレスになっていた事でしょう。

装着しようと思いつつも装着できなかったフェンダーレスキットですが、実際に装着している姿を見ると格好良いではないですかー。

恐らくコワース製だと思われますが、ナンバー角度調整可能、小物入れも要領十分、そしてリヤタイヤが丸見えでかなりすっきりとした感じです。


ちょっと辺りが明るいのでいまいちわかりにくいですが、きっとこれ装着してナイトランしたらさらにLEDの光が良く見えていたんだろうな~。
(・・*)。。oO(想像中)


最後にちょっと跨ってみましたけど、ポジションがすごく楽でシートの柔らかさに感激。
(T-T) ウルウル

何だかこんな良いバイクは無理してでも所持しておくべきではなかったのではと、手放した事を少々後悔してしまいました…。
ヾ(_ _。)ハンセイ…


このNinja ZX-9Rは、8月頃に現オーナーの都合により千葉県の方に行くとの事。

もう見る事は出来ないかもしれないけど可愛がってもらうんだよ。
(ノ_・、)シクシク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木曜日)

Ninja ZX-9R 主要詳元

 
 
(Metallic Violet Royal./Candy Lightning Blue)

SPECIFICATIONS

Model Name :Ninja ZX-9R
Year/Model Code :2000 / ZX900-E1

Engine
Engine Code :ZX900CE
Type :4-stroke,4cylinder,DOHC 16valves
Cooling Systme :Liquid-cooled
Bore and Storoke :75.0 X 50.9mm
Displacement :899cc
Compression Ratio :12.2:1
Max Power :106kW(144PS) / 11,000rpm
Max Torque :101N-m(10.3kgf-m) / 9,200rpm
Carburetion System :Carburetors,KEIHIN CVRD40 X 4
Valve Timing Inlet
Open :45°BTDC
Closed :75°ABDC
Duretion :300°
Valve Timing Exhaust
Open :66°BBDC
Closed :46°ATDC
Duretion :292°
Lubrication System :Forced Lubrication(Wet Sump with Cooler)
Engine Oil Capscity :3.8L
(when oil filter is changed/not changed) :3.3L / 3.1L
Coolant Capacity :2.9L

Electrical Equipment
Ignition System :Battery and Coil(Transistorized)
Timing Advance :Electronic
Ignition Timing(BTDC) :10°/ 1,100rpm to 37.5°/ 5,000rpm
Spark Plug :NGK CR9EK or ND U27ETR
Battery Type :YTX9-BS 12V-8Ah

Drive Train
Transmission Type :6-speed,constant mesh,return shift
Clutch Type :Wet Multi Disc
Drive Chain :ENUMA EK50UVX / 110links
Gear Ratio
1st :2.571(36/14)
2rd :1.941(33/17)
3rd :1.556(28/18)
4th :1.333(28/21)
5th :1.200(24/20)
6th :1.095(23/21)
Primary Reduction Ratio :1.714(84/49)
Final Reduction Ratio :2.563(41/16)
Overall Drive Ratio :4.811

Dimensions & Chassis
Length X Width X Height :2,050 X 730 X 1,155mm
Wheelbase :1,415mm
Seat Height :810mm
Road Clearance :160mm
Dry Weight :183kg
Fuel Tank Capscity :19.0L
Frame Type :Tubular,Diamond
Caster(Rake Angle) :24.0°
Trail :97mm
Minimum Turning Radius :3.2m
Suspension Type
Front :Telescopic Fork
Rear :Swingarm(Uni-trak)
Wheel Travel
Front :120mm
Rear :135mm
Tire Size
Front :120/70 ZR17(58W)
Rear :190/50 ZR17(73W)
Brake Type
Front :Dual Discs
Rear :Single Discs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水曜日)

Ninja ZX-9R サヨナラ

本日Ninja ZX-9Rと最後のお別れしました。

19時に引き取りに来てもらう事になっていたので18時に仕事を辞め家に帰宅。

最後に近所を少し走ってデジタルカメラで記念撮影。

その後に感謝の意を込めて最後のガソリン給油で腹一杯にしてやりました…。


走行距離50,260キロという事は、走行距離4,200キロのNinja ZX-9Rを中古で購入後、46,000キロほど一緒に走って来た事になります。

以前乗っていたZXR250で23,500キロだったので、Ninja ZX-9Rとはその倍程共にしたんだなぁ…。

ZXR250からNinja ZX-9Rに乗り換える時は、ここまでセンチメンタルな気分にはならなかったんだけど…。

最後軽トラックに積み込まれたNinja ZX-9Rは物凄く寂しげに見えます…。

(´;ェ;`)ウゥ・・・

もう何だか次から次へといろんな思いが込み上げて心の中は滅茶苦茶です…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火曜日)

Ninja ZX-9R 最終仕様

水曜日にはバイク屋さんにお渡しする事が決定し、使えそうな物は身ぐるみ剥がされていくNinja ZX-9R…。

とは言っても純正品を残していたのは主にデュラボルトを使用していた部分だけで、意外に取れるものが有りませんでした…。orz

ステアリングダンパー、スプロケットナット、オイルキャップはお世話になっているM(弟)先輩にあげて、残りのデュラボルトはとりあえず保管する事にしました。

それでも輝いていたゴールドアルマイトのパーツが純正のブラックになるだけでみすぼらしく見えてしまいますが、これでNinja ZX-9R 最終仕様となります。


6年間いろいろと思い出を作った最愛の愛機Ninja ZX-9R。

意志が弱く最後まで見届ける事が出来なくて御免よ…。
(ノ_・、)

新たなる主と共に幸せになっておくれ。
(*ToT*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日曜日)

Ninja ZX-9R メンテナンス_19

Ninja ZX-9Rでやり残した事が少々あるので、残された時間でやっておく事にしました。


最初に以前出来なかったサスペンションのセッティング作業です。

リヤサスペンションのダブルナット式プリロードアジャスター調整に必要なフックレンチが車載工具の中に入っていなかったので、前もってカワサキ純正の可変式フックレンチを購入しておきました。

とりあえず基準値に戻してみることにします。


Ninja ZX-9R E1のサスペンションアジャスター標準設定値と調整箇所は以下の通り。

フロントリバウンド 8クリック戻し(使用範囲1~12クリック)

フロントコンプレッション 8クリック戻し(使用範囲1~12クリック)

フロントスプリングプリロード 突き出し13mm(使用範囲5~20mm)

リヤリバウンド 8クリック戻し(使用範囲1~20クリック)

リヤコンプレッション 10クリック戻し(使用範囲1~20クリック)

スプリング長 178.5mm(使用範囲168~188mm)


撮影も終了しさっそく作業開始と思いきや何とここで問題発生。

右側のフロントコンプレッションアジャスターが壊れているのか右に回りませんでした…。orz

とりあえず左いっぱいに回してそこから戻していくと基準値までは行く様ですが、それ以上は無理っぽいようです。

そういえば右側だけアジャスターの部分がなめかかっているんですよねぇ…。

もしかしたら前オーナーがやっちゃったのかな?


手放す物を修理する気はさすがに無いので、とりあえず残りの部分含めて基準値だけには戻しておきたいと思います。

という事で初めてのサスペンションセッティングはお流れになりますた。
(´・ω・`)ションボリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火曜日)

Ninja ZX-9R カスタム_15

パソコンを使ってステッカーが作れる様になった事で気軽に出来るステッカーチューンが面白くなり、Ninja ZX-9Rにステッカーチューン第二弾を実行しました。


アッパーカウルの変更点は、リサイズした自作「Ninja」ロゴを貼り、「Kawasaki」の文字を金色から純正っぽく市販されている白色に変更しました。


アッパーカウルを支えているステーに自作「川崎 忍者 九百式」ロゴを貼り、ガソリンタンクには自作「Ninja」ロゴを貼りました。

戦時中に川崎は「キ61 三式戦闘機 飛燕」という戦闘機を作っていましたので、そこから排気量が900ccなので九百式という表現をしてみました。

「Ninja」ロゴはアッパーカウルに貼った物と同じ物ですが、文字の周りを車体色のキャンディライトニングブルーに合わせるのは私の技量では無理でしたので、仕方なく文字周りを出来る限り車体色に近い色にした後に適当にハサミで切り文字化して貼っています。


サイドカウルには「Agip」ではなく「Agiq」の自作ステッカーを貼りました。

昔からFIのフェラーリに貼られていたアジップのロゴが好きでした。

しかし現在オイルはモチュールを入れているので、同じオイルメーカーのアジップのステッカーを貼るのは御法度だよなぁ…。

じゃあ排気量が900ccで「きゅう」を使用しているなら、最後のpを反転してqにしてアジッキュにしてみるか。

そんな思い付きで出来た何ちゃってアジップステッカーですが、こういった遊び心も有りですよね?

クロスステッカーは市販されている物をフロントフェンダーにそのまま貼り付けています。


「MDF」ロゴはリムストライプ購入時に付いていた物をそのまま貼り付けています。

「ZCOO」ロゴはネットで探して、幅を合わせてリサイズした後プリンタラベルで作成。

「OHLINS」ロゴは本来スプリングをオーリンズ製にした後に市販されている物を貼る予定でしたが、スプリングの納期が4ヵ月と長過ぎて待てず結局付ける事は出来ませんでした。

ならばせめてロゴだけと思いましたが、使用していない物のロゴは貼るのは気が引けたので、アジッキュと同じ様な考えでOをQに変えて「QHLINS」にしちゃいました。
(^^;

近くで見るとバレますが、遠くから見れば何ちゃってオーリンズっす。
ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ


以前エーモン製のブルーリフレクターを貼り付けていましたが、気に入らなくなったので外したところ塗装が剥げて不細工な見栄えになってしまいました。

そこで自作エンブレムを貼って傷を隠しました。


アンダーカウルには市販されているブレンボのステッカーをそのまま貼り付け。

それに加えて定番(?)の「川崎重工」のステッカーを貼り付け。

ただし切り文字化していないので近くで見るとかなり不細工です。
(;´д`)トホホ

しかし漢字が似合うのはカワサキならではの事なのだろうか?


リヤショックは純正だと6万円ぐらいだったと思いますが、これがオーリンズだと16万円もするんですよねぇ…。

結局今現在まで購入する事が出来ずなので、何ちゃってオーリンズの「QHLINS」自作ステッカーを貼り付け。

シートレールには自作「川崎 忍者 九百式」ロゴを貼りましたが、下地の色が合わず浮いた感じなのでやり直す必要が有りそうです。


テールランプの上に自作「Ninja」ロゴ、リフレクターの上にフロントで使用した物と同じ「Kawasaki」ロゴ、ナンバー下に自作「川崎 忍者 九百式」ロゴをそれぞれ貼り付けイメージを変えてみました。


こうして現在と過去とを比べてみると、ずいぶんと賑やかになったものです。
...( = =) トオイメ

今度は反動で一気に剥がしたりしそうな気もしないではないです。(爆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土曜日)

Ninja ZX-9R カスタム_14

Ninja ZX-9Rの新しいカスタムの御紹介です。

今回は一番手軽に出来るステッカーチューンです。


以前フロント側のポッシュフェイス製マスターシリンダーキャップType1に付いていたエンブレムが走行中に何時の間にか無くなってしまったので仕方なくリヤ側と交換して使用していたのですが…。

何とまたしても走行中に無くなってしまい、前後何も無しの淋しいマスターシリンダーキャップ状態になっちまいました。
(ノ_・、)シクシク


亀裂によって振動していたマスターシリンダータンクステーは新品に交換したので、この部分の振動で外れたというよりバイク自体の振動と粘着力が低下して取れたのかもしれません。

まぁ理由は何にせよこのままだと不細工なので代わりになる物を探してみました。


最初は丁度良いステッカーを探してみたのですが、意外と大きさが合うものが無いので断念。

ならばパソコンを使って自作してみようという事になりました。

今回エーワン株式会社から発売されている品番29334が水に強い耐水タイプという事で、これ使用してステッカーを作成しました。


まずは使用する画像を用意する必要がありますが、今回は以前紙に書いた物をスキャンして作成したエンブレムを使う事にします。

次に貼り付ける部分の寸法を測り丁度良いサイズに変更します。

その後プリンタを使って印刷しハサミで切れば完了です。


ついでに前から欲しいなぁと思っていた川崎重工のステッカーも作成してみました。

出来具合は実際に販売されているステッカーに比べるとやはり安っぽい感じですかね。

しかも切り文字仕様にするには手間がかかります。
(^^;

反面自作ステッカー作成は勿論の事、オリジナルのステッカーが有ればそれをスキャンして好きなサイズや色等に変更できるメリットもあるので一長一短かな?


実際に貼り付けてみましたがやはり違和感が有るかも…。
(´;ェ;`)ウゥ・・・

遠くから見ればそれなりにという感じですかね。

気合いが有れば川崎重工のステッカーも切り文字仕様にするけど面倒なのでそのままです。
ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

まぁオークションとかに出品して儲けるわけでないからこれで良しとしましょう。(いつもこのパターンだけど


おまけに会社の先輩が休日出勤していたので、以前紹介した黒エイプ改の弟分の白エイプ改を御紹介。

個人的には黒エイプ改より白エイプ改の方が好きだけど、カスタム内容は黒エイプ改の方が上らしいです。

今のところ4ストミニの事はよくわからないですが、いずれはKSR110とかを買って楽しんでみたいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日曜日)

Ninja ZX-9R カスタム_13

今日はNinja ZX-9Rの新しいカスタムの御紹介です。

MDF(三宅デザインファクトリー)製リムストライプです。

品番はRIM-6M-2E-17、幅6mmのカラーチェンジで山吹色に変更したので、価格は2,625円(税込)+カラーチェンジ料2,100円(税込)です。


昨日のスーパーディオのリムストライプ取り付け作業と違い、今回はホイールが大きい事に加えてローラースタンドを用いての作業だったので、作業自体はかなり楽になりました。

しかしリムストライプ貼り付けマニュアルに書かれている「ホイール外縁から5ミリ内側に貼った時に丁度良く作られています。」を実行するには昨日同様やはり苦戦させられます。
(^^;

そこで今回はスチール定規を使用して自作治具を作りました。

単に折り曲げただけですが、ホイールの内側に沿って寸法が測定できるので、リムストライプの位置を決めるにはかなり役に立ちました。


では早速作業開始です。

最初にパーツクリーナーを使ってホイールを綺麗に掃除します。

次に一枚目を自作治具を使って大体の場所ですがホイール外縁からリムストライプ下側の距離を5mmの場所で貼り付けます。

次に対角となる場所に二枚目を同じ要領で貼り付けます。

次に一枚目と二枚目を繋ぐ様な感じで三枚目、四枚目も自作治具を使用して貼っていきます。

最後にもう一度強く擦り付け作業完了です。
v(・_・) ブイッ


作業終了後は出来の良さに満足し、馬鹿みたいに暫く眺めてしまいました…。
(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)

やはり事前にフォトショップを使用してサンプル画像を作り、いろいろ悩んだかいがあったというものです。


ただ写真の出来は非常に悪いですな…。(ノ_・、)シクシク

光の加減により色が変化した感じで、昼間で影になった場所なら山吹色に見えるのですが、昼間で明るい場所だと山吹色は白っぽくなってしまってます。

かといって夕方に映してみると今度は濁った感じなんですよね。
(;´д`)トホホ

カメラマンの私の腕が悪いのだと思いますが、実物で見るのと写真で見るのとではかなりの差が有ります。

実物はかなり綺麗なので、これを見たからと言って幻滅しないで下さいね。
(^^;


作業を振り返ってみての感想ですが、このリムストライプはかなりお薦めのカスタムパーツではないかと思います。

今まで目立たなかった部分に蛍光カラーがあるだけでかなり印象が変わり、自分のイメージ通りに決まれば最高に幸せな気分になれますな。

ただ作業自体は楽では無く、ホイールが小さくなる程苦戦させられました。

今回私は自分でスチール定規を使用して自作治具を作りましたが、某メーカーのように最初から貼り付け治具をサービスで付けていると、商品価値が上がるのではないかと思います。


サービスと言えば、予備にロゴ有り、ロゴ無し一種類ずつリムストライプを付けてくれているのは、万が一失敗した時のことを考えると嬉しいのでこれは良いですね。

他に付属していたロゴステッカーは、下地が黒なので黒いホイールなら良いけど他の色のホイールだと違和感が有って貼る事が出来ませんでした。

今回はNinja ZX-9Rのフロントサスペンションが黒だったのでそこに左右一枚ずつ貼りつけましたが、出来れば文字だけ残るタイプにしてくれると嬉しいかも。


あとこれとは別にMDFからタイヤレタリングキットという物も発売されていますが、ブリヂストンBT-014の様にメーカー名、銘柄、サイズの三ヶ所でバランスが取れている物に対しては、価格が少々高くなってもメーカー名と銘柄だけでなくサイズもセットにして発売してくれれば購入したんですけどねぇ…。

今後の仕様変更に期待したいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月曜日)

Ninja ZX-9R カスタム_12

昨日Ninja ZX-9Rにリムストライプを付けてみたいなぁと思い只今購入を検討中。

人それぞれ好きな色の組み合わせというものがあると思いますが、私の場合は青色系X白色系の組み合わせが一番好きです。

他には青色系X黄緑色系、青色系X橙色系、青色系X金色系等々。

逆に一番嫌いな組み合わせは赤色系X緑色系で、何と言いましょうか見るだけで寒気が…。
(((゛◇゛)))カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

同じスイカでも黄色系X緑色系はOKですけど、赤色系X緑色系は駄目なんですよね。
(;`O´)oダメーーー!!


という事で、現在のNinja ZX-9Rのホイールは青色系です。

何だかベースが青色系だと悩んじゃいそうですねぇ。

とりあえずフォトショップを使ってイメージ画像を作ってみました。

最初はカワサキのイメージカラーであるライムグリーンを思わせる黄緑色です。

好きな色の組み合わせなんだけど、何かもう一つ足りない感じかな?


現在ワンポイントアクセントとして使っている金色に近い色を狙って山吹色です。

元々金色のマグネシウムホイールを付けたいなぁと思っていたので、これはそのイメージに近くて良いかも。

青色と同系色の水色です。

何となく涼しそうで爽やかで、何処からともなくソーダの香りが漂ってきそうだ…。(何っ


白色系です。

これも好きな組み合わせだけど、これだとホイールが黒色系の方が良いかな?

ホイールが白色系でリムストライプが青色系の方がまだ良いかもしれない。


作成したイメージ画像を見比べていますが、最終的にはやはりどれも捨てがたくなかなか決まりませんなぁ…。

4色注文して実際に合わせて確認すればまた違った感じ方をすると思うけど勿体無いしねぇ…。

うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

リムストライプを貼る場所は4ヵ所あるし、この4色でミックスカラーにでもしてみるってのも…。(ぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧